求人を探しているとよく見かける「期間工」ですが、期間工という言葉だけでは中々イメージが湧いてきませんよね。そのため、期間工の求人に応募してみたいけど不安を感じてしまうというパターンが多々あります。そんな人のために期間工の基本情報について紹介していきます。

作業内容

未経験歓迎!初心者でも始められるシンプルな作業

期間工の仕事というと、「自動車」や「精密機械」など仕事内容が、難しいイメージがあります。「私はちゃんと働けるのかな?」「業務内容はキツくないかな?」など初めて期間工に応募しようとしている方は、心配…

シフト制なので過度な長時間労働にはならない!

期間工はきつい仕事という言葉を少し勘違いして、ものすごい長時間労働をさせられるのではないかと思っている人もいるかもしれません。実際のところ、確かに残業はあるので8時間だけ働いてすぐ帰れるとは限りま…

実は女性も多い?期間工で女性も安心して働ける理由

工場での仕事や期間工などは一般的に男性的なイメージが強いです。故に、女性がその中で働くことに対する不安が大きくなってしまうのは仕方ありません。結論から言うと、期間工は女性でも全く問題無く働けます。…

期間工ってどんな職種?

期間工とは工場などが忙しい時期に期間を区切って雇われる働き手を指します。契約社員とは異なり、会社の直接雇用となります。

期間工の賃金

家賃や光熱費をサポートしてくれる寮生活

期間工の待遇として着目しておくと良いのが住居に関する支援です。福利厚生として住宅手当を出している企業も多いですが、期間工の場合には寮を利用できるようになっている傾向があります。労働時間が比較的長め…

深夜手当や休日出勤手当などの手当てがしっかりしている!

期間工の給与は各種の手当が充実しています。残業代の未払いなどはなく、深夜手当に休日出勤手当などを完備することで期間工で働く人たちをサポートしています。働いた分の給与がしっかり支払われることはもちろ…

企業によっては入社祝い金を出してくれることも

入社祝い金とは何か?

入社祝い金とは、その名の通り入社した人材に支払われるお金のことです。金額は会社によって様々ですが、大体十万円前後になる場合が多いです。入社するだけでこれだけのお金が入るということは、大きな魅力だと言えます。期間工の賃金は月に三十万円前後になることもあり、それに加えて約十万円の入社祝い金がプラスされると一気に貯金が増えます。なぜ入社祝い金が設定されているのかと言うと、まず人材確保の意味合いがあります。少子高齢化の影響で働き手が減少傾向にあるので、人材確保が難しくなっているのです。そこで入社祝い金を設定することによって多くの求職者が魅力を感じ、応募に繋がります。新聞の折り込みやインターネットで求人広告を出すとお金がかかるので、一回の募集で多くの応募があると会社としてもメリットが大きいです。 人材のやる気を最初からアップさせるという狙いもあります。入社した人材は基本的に一番下の立場なので、給料も少ないです。その中で新しい仕事を毎日覚えたり人間関係を構築するのは、大変なことです。せっかく入社したにも関わらず、様々なプレッシャーに負けて早期退職する人も珍しくはありません。ただ、何も結果を残していない人材に最初から多くの祝い金が支払われることによって、会社の期待に応えたいという気持ちも生まれます。積極的な気持ちで仕事に取り組めば、より成長できます。

注意点も見ておきたい

入社祝い金は入社が決まった時に全て振り込まれるというイメージを持つ人も多いですが、現状は違います。もちろん会社によって振り込まれる時期は様々ですが、それなりに大きな金額なので簡単に手にすることはできません。例えば入社をして祝い金を手に入れ、数日程度で退職するということは不可能です。支払われ方としては、まず入社して一定期間を過ぎた時に振り込まれるケースがあります。振り込まれる前に退職をすれば、当然入社祝い金の支給はありません。適切な勤務態度で日々過ごせば短期間で解雇される可能性も低いので、無事入社祝い金を受け取れることになります。 一週間経過したら数万円振り込まれるなど、徐々に支給されるケースもあります。仕事のモチベーションも上がりやすいですし、金銭面で困窮している人にとっては嬉しい支給方法です。一気に支給か徐々に支給か決まっている場合もあれば選択できる場合もあるので、不明な点は会社に確認する必要があります。無断欠勤はもちろん、遅刻や早退で支給額が下がることもあるので注意しなければいけません。大切なのは入社祝い金だけを見るのではなく、その会社で真面目に働き続けることです。入社祝い金を得たからと言って退職を検討するのは、自身と会社双方にとって不利益です。